045-900-2860

Webからの無料相談はこちら

家族信託とは

「家族信託」という言葉をご存知でしょうか?

現在、相続対策、認知症対策や事業承継で最も有効とも言われる財産管理承継方法が「家族信託」です。
「信託」と言えば、「投資信託」を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、家族信託は、投資信託とは全く異なり、一部の資産家を対象とするものではなく、誰でもお使いいただけるとても身近な仕組みです。
特に、「高齢者や障碍をお持ちの方の財産管理」に有効だといわれています。

家族信託とは

自分(委託者)の財産(不動産・預貯金・有価証券...等)を、信頼できる家族など(受託者)に託し、特定の人(受益者)のために、あらかじめ定めた信託目的に従って、管理・処分・承継する財産管理手法です。

家族信託の重要用語

家族信託は、ある人の財産を、特定の利益を受ける人のために、信頼できる人に管理を託す方法です。そこで、これらの人たちを、「委託者」、「受益者」、「受託者」と呼びます。よく出てくる言葉ですので、おさえておきましょう。

委託者:財産を持ち、託す人です。この人が、「財産をどのようにしたいか」で家族信託の内容が決まります。
受託者:委託者の財産を託される人です。委託者の意向を反映させるために、実際に管理・処分を行っていくのが受託者です。
受益者:委託者の財産による利益を受け取る人です。

 

当事務所では、ご家族のご要望に合わせ、オーダーメイドでさまざまなプランをご提案しておりますので、家族信託について分からないことがあったたり、どういった方法が良いか迷われていらっしゃる方は、まずは一度ご相談にいらしてください。

 

家族信託について更に詳しく知る・・・

 

・家族信託活用のケース

家族信託を使って、どのような問題が解決できるのでしょうか?

「実家の後始末」として話題の認知症対策や、障害者の親なき後問題の解決にもなります。

詳しく読む>>>

・家族信託と遺言・成年後見などの制度との違い

家族信託でよく比較されるのが、亡くなった後の遺産の引継ぎをつづった「遺言」や、認知症後に第三者が財産の管理を行う「成年後見」が挙げられます。どのように違い、なぜ家族信託が有効とされるのでしょうか?

詳しく読む>>

・家族信託の活用事例

 

家族信託は、具体的にどのような場面で、どのように活用できるのでしょうか?

詳しく読む>>

 

 

家族信託のご相談は当事務所にお任せください

  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • ご相談から解決までの流れ
相続・遺言の無料相談受付中!

045-900-2860

PAGETOP
家族信託の無料相談受付中!
まずは無料相談